交通事故とは

股関節の痛み画像

交通事故が原因によるケガにつきましてもお気軽にご相談ください。当院では、痛み等を訴える患者さんに手技療法(整体、マッサージ 等)をはじめ、物理療法(低周波療法、超音波療法 等)や運動療法を行うなどして、痛みを緩和させる、関節可動域を改善させるなどの施術を行っていきます。なお、これらにかかる費用につきましては、自賠責保険が適用されると窓口負担はかかりません。

自賠責保険とは

自動車(原動機付自転車を含む)を運転する際は、自動車損害賠償保障法に基づいて加入しなくてはならないとされている保険(自賠責保険)になります。これは運転による人身事故に対して支払われる保険です。

体に異常を感じなくても、発生直後はまず受診

ちなみに事故発生直後というのは、気が張っていることもあって痛みや違和感に気づかないことも少なくありません。そのため、1週間程度経過してから痛みが出て、医療機関へ通う患者さんもいます。この場合、時間が経過しすぎて、事故との因果関係がはっきりしないというケースが出てくる可能性もあります。したがって事故直後は、とくに体に異常はなくとも検査は受けられるようにしてください。
なお当院では、単に施術に関することだけでなく、交通事故での施術内容に関すること、施術を窓口負担なしで受けられる手続きの仕方などについてもご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

以下のような症状やお悩みのある方はご相談、ご受診ください

  • 体に異常はみられないが、交通事故に遭った
  • 交通事故から数日が経過して、身体に違和感や痛みが出てきた
  • 事故後に整形外科や病院に通っているが、転院したい
  • 痛み止めの薬や湿布だけでは、症状が改善しない
  • 保険適用の手続きなど、どうすればよいかわからない
  • 交通事故後の後遺症(むちうち症、しびれ、痛み、めまい 等)に悩んでいる など

交通事故に遭ってから施術終了までの流れ

交通事故によるケガによる通院等をできるだけスムーズにさせるための流れは次の通りです。
よくわからないという場合は、お気軽にご相談ください。

1. 必ず警察に連絡する
交通事故に遭遇し、ケガのための施術を受けたいとなれば、交通事故が起きたことを証明する「交通事故証明書」の交付を受けなくてはなりません。そのためには、まず警察へ速やかに連絡する必要があります。
2. 相手の連絡先を確認する
交通事故に対して行われる施術にかかる費用は、自賠責保険から支払われることが原則です。したがって、事故を引き起こした相手方の自賠責の保険会社に連絡し、事故に関係するやり取りをしなくてはなりません。そのため、事故を起こした相手の身分を証明する情報(免許証、自賠責保険証、車検証 等)は、しっかり把握しておきます。
3. 検査を受ける(診断書の作成)
事故発生直後は、体に異常がないと感じても、交通事故でよくみられるむちうち症等は数日経過してから痛みが出ることがよくあります。そのため、施術を受けるよりも前に病院や整形外科へ行き、医師による診察や検査を受けるなどして診断書を作成してください(この場合、費用を立て替え、後で加害者側の保険会社へ請求することもあります)。
4. 保険会社に連絡
施術を受けるにあたって、まず保険会社に連絡をします。当院で施術を受けられるのであれば、当院名、住所、電話番号 等を報告してください。その後、保険会社から当院に連絡があれば、費用に関しては保険会社の支払いとなるので、窓口負担はありません。なお連絡がとれない場合は、施術費用を一時的に立て替えていただきます。その後、保険会社と連絡が取れた際に返金いたします。
5. 施術に専念
ケガに対する施術を行っていきます。主にリハビリテーションが中心となります。
6. 施術終了
後遺症の不安もなく、事故以前の生活に戻れる程度までに改善したとなれば施術は終了です。この場合も保険会社に連絡します。

ひなた堂鍼灸整骨院での交通事故によるケガへの施術

交通事故の症状はきちんと処置をしておかないと後遺症が残ってしまうこがあります。病院でレントゲンやMRI等の検査で異常が見つからず湿布等の処方で終わってしまうことや、「様子を見ましょう」と言われてリハビリをしてもらえない。そんな方は当院にお任せください。
当院は患者様から症状を聞いたうえで症状にあった手技、電気治療等を行います。
また、症状の改善につながる日常生活での注意点や生活指導、自宅でできるストレッチ等を指導していきます。